洋の東西を問わず「市場」や「老舗」にはコミュニケーションの原点があり知恵の蓄積がある。「見えること」への関心と「見せることの工夫。「どのように見えるか」という観点は「見せること」の不可欠な心得。ビジュアルマーチャンダイジング表現技術の基本で、ビジュアルコミュニケーションの本質と配慮である。これらは各地で拾った“楽しい”そして“敬意”のアルバム。もともとショーアンドテル(Show & Tell)は、アメリカで子供が自分で見せたい物を学校に持参して呈示説明する発表会。いわばプレゼンテーションとコミュニケーションの第一歩です。

集積で集視。
配置位置と意外性。
エンタテインメント。
蚤の市(オランダ)

単一品目集積パワー。
エンタテインメント。
鮮度の見せ方。
鮮魚店(イギリス)

専門的な分類。
多品目の一覧。
美しい見せ方。
伝統薬剤店(韓国)

商品内容の明示。
関心事への対応。
多種多様の一覧。
加工食肉店(スペイン)

分かりやすい分類。
美しい見せ方。
清潔感のある整頓。
豆店(イタリア)

直截な表現。
一目瞭然。
商品内容の明示。
果実店(フランス)

鮮度の見せ方。
美しい配色。
美しい配置。
果実店(イタリア)

色柄別分類。
美しい見せ方。
多種多様の整理。
生地店(スイス)

無断転載利用はお断りいたします(C)佐藤昭年/2003.12 All rights reserved


更新項目ビジュアルマーチャンダイジングとVMDとVMVMD小史VMD前後左右VMD関連情報収集術-1 ユーロショップ編
ショーウインドウ西東
ショーウインドウアラカルト|商品ディスプレイ
技能検定西東MPダイアグラムビジュアル古今東西パリの古今
発信者雑記帳プロフィールトップページ